車現金買い取り ローン中

ローン中でもできることはできます。

ローン返済中はだいたいがローン会社の名義になっているはずです。
所有者がローン会社、使用者が自分の名前になって車検証に記載さているはずです。

まずは確認してみてください。


以前に私は中古車を購入した時にローンで買いましたが、そのときは自分名義になっていたことがあります。
この場合は問題なく売却できるかと思います。
ローンが残るだけです。

なぜそのようになっていたのかは、よくわかりません。
車屋さんがそうしたのか、ローン会社がそうだったのか、確認はしなかったです(^^;


単純な話、ローンが残っている状態だと使用者が違うので車の売却ができません。
そのための所有者名義で縛っているってことです。


この場合の売却方法はこんな感じ

残りのローン金額と売却金額が同等またはそれ以上なら、残りのローンを返済できるので問題なくクリアです。
簡単に言ってしまうと、売却金額でローンを払ってしまうってことです!

車の買い取り額よりもローン残高が上回ってしまう場合

こうなってしまった場合が大変です。
別にお金を借りてローン返済に回すなどしてローンを終わらせないといけません。
それと買取業者さんに相談すれば、プラン等を提供してくれると思います。

たとえばローンの乗り換え、買取店がローン残債の代行サービスなどをやっているケースもあるようなので売却時に相談してみてください。


ローン問題については長年車に乗ってきて思うのですが、やはりそれなりに良い状態・年式の車に乗っていないと買取価格もつかないのでどこかで無理して車を買わないといけないのかもしれません。

このように売らなくてはいけなくなった場合にローン残高を買取価格が下回ってしまうと売るメリットもない状況に陥ってしまいます。

もちろん経済的な事情もありますので無理してやる必要なないと思います。
愛車の無料見積もりはコチラ